イメージPHOTO

トータルニュース

TOTAL NEWS

クレーン納車!

9月に2台のクレーンがラインナップに加わりました!
タダノ70tラフタークレーン GR700N-G4と13tラフタークレーンのGR130N-G4の2台です。
13tラフタークレーンは2ウインチ仕様になって岡山県初登録とのこと。
最近のクレーンはオートエアコン完備、シートの造りも素晴らしくモニターはタッチパネル採用。
まさにコックピットと呼ぶにふさわしく操作を行うオペレーターに優しい仕様となっています。
当ホームページの保有車両欄にてクレーンの性能表を公開しています。

PHOTO
PHOTO

施工事例 No.29(重量工事) 圧縮機搬入据付工事

大型冷凍機の圧縮機搬入据付工事を承りました。

まず35tラフタークレーンを用いて約600㎏の圧縮機を
冷凍ユニット設備の搬入口近くまで楊重を行います。

ユニット内部は配管などが多く、スペースも限られているので
様々な道工具と経験で培った技術で内部に引込んでいきます。

約2時間でユニット内部の定位置に据付け弊社の工事は完了となりますが
引き続きメーカー様によって接続、調整など運転稼働まで作業は続きます。

「安全かつ確実な作業でスピーディーに次工程にバトンタッチする」という
トータル物流重量工事部が常に目標としているところであります。

様々な産業機器の搬入据付工事にも対応していますのでお気軽に
ご相談くださいませ。

PHOTO
PHOTO

施工事例 No.28(重量工事)フライス盤他レイアウト変更工事

金属機械加工メーカー様の工場増築に伴なう工作機械のレイアウト変更工事を承りました。

今回の工事での金属機械加工機の最大重量は12tとなりました。
また加工物を乗せるベッドの両端は機械移動時に空中に浮いた状態となり本体に負荷がかかる為、
事前に補強等の養生を行った後、ジャッキアップを行い5tのチルタンクに載せました。
横引き作業はフォークリフト、電動ウインチを用いて行い、安全かつスムーズに所定の位置に据付を行いました。

トータル物流は機械重量に合わせた1t~20tまでのチルタンクや様々な特殊機具を取り揃えています。
搬入据付、搬出撤去、運搬、クレーンによる楊重、倉庫預かりまでどのような事案にも対応させていただきますの。
先ずはお気軽にご相談下さい。

PHOTO
PHOTO

優秀安全運転事業所

この度トータル物流は、優秀安全運転事業所として表彰を賜りました。
創業からもうすぐ50年を迎えようとしている中、実直に守ってきた「安全方針」を軸にお客様に安心をしてもらうために仕事してまいりました。
表彰されたことは、私たちの仕事の安全意識向上にもつながることでうれしく思っています。
危険予知から未然に事故を防ぐことのできる従業員を誇りに思います!

真夏ということもあり、事故に限らず健康に仕事をしてもらうため、塩分・水分補給や十分な休息をとってもらうことも会社の方針として進めてまいります。

PHOTO
PHOTO

施工事例 No.27(重量工事)藤田神社 石碑移設工事

岡山県の為に一個人が私財を投じて広大なる干拓事業をされた藤田傳三郎翁
その偉大な功績を学ぶ上でも非常に重要な石碑が藤田神社(南区藤田)に祀ってあります。

この度、藤田神社で執り行われる藤田傳三郎生誕180年の記念式典に合わせた
石碑移設工事のうちの重量工事を承りました。

重量が推定12tあり歴史的に非常に重要な物ですので失敗は許されません。
取材のTVカメラもあり若干緊張気味に作業が始まりました。

今回は100tラフタークレーンを使用し玉掛け作業も入念に計画を立て緻密な
作業を行い、無事移設工事完了となりました。

この度の工事を通して岡山の干拓事業の歴史を岡山県人として
再び学んでみたいと思いました。

移設工事ではクレーン、輸送(トラック)、重量工事(作業)がスムーズに連携
出来る事が重要です。
トータル物流なら安全、確実な作業をお約束致します。

PHOTO
PHOTO

フルハーネス型安全帯特別教育

八十八夜も過ぎ、若葉の緑もいっそう色濃くなってまいりました。

画像のタンク搬出~運搬工事は年末に承った工事です。
今回はタンク上部での玉掛作業において高所作業が伴う為、フルハーネス型安全帯を着用いたしました。

法改正で、2019年2月以降は、一定条件で高所作業をする際は、従来の安全帯からフルハーネス型の墜落制止用器具の着用が義務化され、それに伴う安全教育が義務化されています。

トータル物流では全ての作業員がフルハーネス型安全帯特別教育を受講済です。
また新規格の安全帯及びフルハーネス型安全帯に更新して様々な作業にも対応させていただいています。

PHOTO
PHOTO

施工事例 No.26(重量工事)地下発電設備搬出工事

地下にある発電設備の搬出工事を承りました。

今回は搬出条件が悪く、搬出口、地下通路も狭く段差もあります。
建設当時、発電設備を搬入した後に壁を作った様で現状のままの搬出不可能です。

先ずは発電機とキュービクルの外壁を解体搬出、のちに重量物であるエンジン本体(約4t)
トランスを搬出する事となりました。

門型、ステージ等を組み電気室から地下通路まで搬出。

段差をクリアした後、チルロールに載替えスロープ迄横引きを行い
フォークリフトとクレーンを使い搬出完了となりました。

トータル物流は困難な条件の下でも確かな技術と経験でお客様のニーズにお応えします。

PHOTO
PHOTO

施工事例 No.25(重量工事)熱交換機搬出工事

桜が蕾から徐々に開花となり気温もポカポカ、春を実感できるようになってきました。

この度は滅菌などに使用する熱交換器(3t)の搬出工事を承りました。
二階のマシンハッチからの搬出で、ステージゴンドラを使用する事となりました。
室内を汚さないようにする事は勿論、重量3tの機械の耐荷重を見越した床養生を行います。
使用する特殊養生板は耐荷重に優れているだけではなく、ホコリを寄せ付けない様に帯電防止処理を施した特殊なものを使っています。

トータル物流では品物の大きさ、重量、開口部のスペース等に合わせた3種類のステージゴンドラ
を保有し、お客様のニーズに合わせた提案させていただきます。

PHOTO
PHOTO

施工事例 No.24(重量工事)電気盤搬出入工事 No.2

午前中に搬出・アンカー施工が完了、午後から新しい電気盤搬入作業に
かかります。

トータル物流はトラック輸送・クレーン作業・重量工事と全て自社で行える為、
三位一体となるスムーズな重量工事が可能です。

搬入口が非常に狭く、盤1面の最大重量が2.5tを超える物もある為、慎重に搬入を行います。

最後に盤間縫い付け作業を行いスケジュールに余裕を持って重量工事完了とし、次工程に引き継ぎます。
トータル物流としての作業はここで完了となりますが、電気屋さんの作業はこれから
電力復旧までが正念場となります。

トータル物流は安全第一かつスムーズで迅速な作業をお約束いたします。

PHOTO
PHOTO

施工事例 No.24(重量工事)電気盤搬出入工事 No.1

工場電気室内の電気盤搬出・搬入工事を承りました。

停電から復旧まで限られた時間内での工事となる為、スムーズな安全作業が求められます。
数ヶ月前から各業者様と打ち合わせを行い綿密な計画の上の工事となりました。

8時から搬出作業に取りかかり、約2時間半で搬出、トラックへの積込みを完了。
その後ベースの墨出し、レベル調整を行い22本のアンカー打設工事を行います。
スピードと正確さが求められる作業なので2台のハンマードリル(ヒルティ)
で削孔を行い午前中にアンカー施工まで完了しました。
※No.2へ続く。

PHOTO
PHOTO
expand_less